CMで放送されているハウス食品グループの「クルクミン&ビサクロン(通称:クルビサ)」印象的なCMで耳に残っているかもしれませんね?

 

でも、、

オジサン困った

ウコン系のドリンクはこれまでも複数発売されているけど、これまでの商品と一体何が違う?

 

そんな疑問にお答えしたいと思います。

 

まず、この商品の第一の特色として「機能性表示食品」だということが挙げられます。

 

機能性表示食品とは・・・

「機能性表示食品」は、事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに 機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品です。

出典引用:消費者庁WEBサイト

 

簡単に述べると、

  • 一定の効果をパッケージに謳うことは可能
  • でも、その効果の検証は個別に消費者庁長官が承認したものではない
  • メーカーが自分自身で「効果の根拠となる資料」を提出してね
  • そうしたら(その資料を一定の審査の上で)届出した効果をパッケージに表示することを許可するよ

 

簡単な説明ではなくなってしまいましたね(汗)要約すると・・・(笑)

 

効果はあると思うけど、トクホのように厚労省で詳細な検証・実験・審査はしてないよ?ということ。

 

これまでは、健康食品が効果効能を表示するためには、特定保険用食品(トクホ)を取得する必要がありました。

 

しかし、トクホは、

  • 取得ハードルが高い(時間的にも、費用的にも)
  • 莫大な工数が掛かる(事業者自身も、審査する消費者庁・厚生労働省も)

 

だから、トクホの次点として、国が個別に商品の「効果」の実験・検証をしない「機能性表示食品」という分類を新設したわけです。

 

代わりにメーカー自身が、その「効果」の根拠となる資料を提出し、その資料を元に届出を受理するかどうか判断するというもの。そうすることで、双方(事業者・国)ともに大幅な工数低減になるわけですね。

 

とはいえ、根拠に乏しい説得性に欠ける資料では、機能性を表示する許可がおりませんので、一定の根拠はあると判断できます。

 

長くなりましたが、つまり、機能性表示食品は一定の効果を期待することができる。と言えるでしょう。

クルビサの成分

タイトルでネタバレしていますが、クルクミンとビサクロンがいわゆる届出された「機能性関与成分」です。

 

医薬品でいうと「有効成分」とでも言えるでしょうか。それぞれについて見ていきたいと思います。

クルクミン

この成分は馴染みがある方も多いかもしれませんね・・・?ご存知「ウコン」に含まれる代表的成分で「肝臓に良い」とされている成分です。

 

クルクミンは過去にも機能性表示食品んの「関与成分」として商品化されたことはあります。例えば

「健康な肝臓のため」という記載がありますね??

 

クルクミン自体は、最近波紋を呼ぶ論文が公開されました。ウコンに含まれるクルクミンには薬効がない。というもの。

出典:The Essential Medicinal Chemistry of Curcumin

 

事実であれば、これまでのウコン製品が全否定されますが、どうやらそういうわけではない模様。

 

こちらにも記載がありますが・・・、

 

ウコンの薬効は完全には解明しきれておらず、その効果の全容も解明されていない部分がある。つまり、ウコンの薬効を全否定するのはいかがなものか・・・?ということ。

参考:https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1702/01/news131.html

 

つまり、

  • これまでの研究では「薬効がある」と考えられていた
  • でも、実際よくわかっていないから「薬効がない」のかもしれない

 

上記のような解釈がしっくりくるのではないでしょうか?

ビサクロン

これまでウコンといえば「クルクミン」でした。しかし、秋ウコンに微量に含まれる成分である「ビサクロン」に着目したのがハウス食品グループ。

 

この2つの成分をブレンドすることにより、条件付きで肝機能の酵素の値に低下が見られたと報告されています。

参考:クルビサ商品サイト(ページ中段以降の比較グラフ参照)

クルビサに期待される効果とは

肝臓数値対策として使える商品ではないでしょうか?肝臓数値と言えば、γ-gtp、AST、ALTの3つが代表的です。

 

成分としての「クルクミン&ビサクロン」のコンビでは、ASTとALTにアプローチすると発表されています。

 

ですから、γ-gtp対策への効果は不明または限定的だと言えるのではないでしょうか・・?

クルビサは販売価格が高い

ドリンクタイプは、ウコンの力などと同様の価格帯ですが、粒タイプは少し価格帯が高い印象を受けます。

【※注意】ウコンの副作用に関して

ウコンの薬効に関しては議論が活発ですが、実は気をつけたいのがウコンの副作用、健康被害に関してです。

 

実は、肝臓を中心に健康被害が多いのがウコンなのです。

参考:民間薬及び健康食品による薬物性肝障害の調査

 

上記リンク先PDFの4ページ上部を見てください。肝障害となった起因物質の約25%がウコンに由来するものだというデータがあります。

 

その他の成分を抑え、ダントツで1位なのでウコンの過剰摂取にはリスクがあることをご承知下さい。

肝機能にはやっぱりしじみエキス

私としては、賛否両論ある「ウコン」を積極摂取するのは避けたいと考えているので、古くから肝臓に良いと考えられている「しじみエキス」をオススメしています。

 

しじみには

  • 豊富なアミノ酸
  • 肝機能の阻害要因を取り除く「オルニチン」
  • 肝機能を保護する「タウリン」

 

これら肝臓に優しい有用成分がたっぷり含まれています。しじみエキスだけでも効果的な肝臓対策となるでしょう。

 

例えば、レバリズム-Lなどがしじみエキスの代表的商品ですね。

 

しじみの濃縮エキスに加え、海のミルク「牡蠣エキス」も含まれているので、(ウコンを含まない)肝臓の総合対策であれば検討してみると良いでしょう。