酒飲みには有用な成分がたっぷり含まれている肝臓エキス。具体的にはどんな成分が含まれているのか・・・?

 

オジサン困った

本当に肝臓に有用な成分が含まれているのか・・・!?

 

1つずつ見ていきたいと思います。

豊富なアミノ酸が二日酔い対策となる

なんといっても肝臓エキスにはアミノ酸が豊富です。必須アミノ酸をはじめ、エネルギー代謝や筋肉作りに深く関与しているBCAAという分岐鎖アミノ酸を豊富に含みます。

 

成分例として、レバーHIという商品のの栄養成分構成を見てみましょう。

参考:https://www.e-expo.net/information/liver/

 

BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)を多く含むことはもちろんのこと、アルコール代謝・肝機能保護に関して、特に着目すべきはアミノ酸は以下の通りです。

  • アラニン
  • オルニチン

 

これら両アミノ酸成分は、アルコール代謝に深く関わり、同時に肝機能の働きにも密接に関係し合っています。

 

1つずつみていきましょう。

アラニンがアルコール代謝を助ける

アラニンはアミノ酸の中でも糖原性アミノ酸といって、それ自体がエネルギー源になることができるアミノ酸です。肝臓の栄養源を作り出し、肝機能を活性化させる働きがあります。

 

それだけではなく、アルコールの代謝過程で生じるNADHという補酵素を消費してくれます。このNADHが存在するとアルコールの代謝が停滞してしまうのですが、アラニンが十分量存在することでNADHを消費しつづけてくれます。

 

つまり、成分としてアラニンを多く含む肝臓エキスは、アルコール対策に有用で二日酔い対策にもなるわけです。

オルニチンは肝機能対策にも

もう1つ見逃せない成分がオルニチンです。

 

オルニチンは、尿素サイクルというアンモニアの解毒に深く関与する成分で、オルニチンが十分存在することで、肝機能を十分に機能させアルコールを適切に代謝できるようにします。(尿素サイクルは別名オルニチンサイクルとも呼ばれます)

 

タンパク質の代謝過程で生じるアンモニアは、我々の体にとっては有害な物質です。アンモニアは、TCAサイクルというエネルギーを作り出す代謝サイクルを阻害する悪さをします。

 

体内にアンモニアが過剰に存在すると、このサイクルが阻害され、疲労感が抜けなかったり、目覚めが悪かったりと様々な体の不調をきたします。

 

そして、アンモニアを処理(無害化)するのも肝臓の役割です。アンモニアによってTCAサイクルが阻害されると、肝臓にエネルギーが十分に供給されず、肝機能を十分に働かすことができません。

 

すると、アルコールから代謝された有害物質であるアセトアルデヒドの分解も十分に行われず、結果として悪酔いしたり二日酔いになったりします。

 

肝臓エキスには、一定量のオルニチン成分も含まれるので、二日酔い対策として有用だと考えられます。

※オルニチンの含有量は、しじみエキスの方が圧倒的に多いので、肝機能を保護する目的があるならしじみエキスの方がオススメです。

肝臓エキスには男性に嬉しい「亜鉛」が豊富

肝機能や二日酔い対策とは直接的に関係はありませんが、男性にとって嬉しい成分である「亜鉛」が肝臓エキスには豊富に含まれいています。

 

亜鉛と言えば「牡蠣」を思い浮かべるかもしれませんが、実は豚レバーにも多く含まれているのです。肝臓エキスに使用されるのは基本的に「豚」なので、多くの亜鉛を摂取することが可能です。

参考:http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/zinc.html

 

男性にとって亜鉛の嬉しい効果、代表的なものを2つ紹介したいと思います。

  • 薄毛対策
  • 精力増強

 

薄毛対策

髪の毛の構成成分はタンパク質です。タンパク質の構成要素はアミノ酸であり、髪の毛はそのなかでも「ケラチン」という成分で作られています。

 

そして、ケラチンの合成には「亜鉛」が不可欠なのです。

精力

亜鉛は男性の前立腺の中に多く存在し、精子の合成の際には必ず必要となる成分です。現代人は亜鉛の摂取量が不足傾向にあり、最近なんだか夜の生活が衰えてきたという方には是非オススメしたい栄養素が亜鉛です。

鉄分も豊富

レバーには鉄分も豊富です。男性の場合は鉄分不足になる可能性は低いですが、女性には嬉しい成分なので、貧血気味の方にも肝臓エキスはオススメです。