巷にある肝臓エキスを配合している商品。一体どんな効果があるのか気になるところですよね?

 

結論を言ってしまうと、アルコールに伴うトラブル(主に二日酔いなど)には効果を発揮しますが、脂肪肝や肝機能対策としての効果は限定的だと考えます。

 

肝臓エキスの効果や、効果を限定し考える理由、1つずつ解説していきたいと思います。

アルコールへの効果

まず、二日酔い対策などに対しては肝臓エキスは有用な成分だと言えるでしょう。すでにTOPページで説明したように、肝臓エキスに含まれるアルコール代謝をサポートする成分として

  • アミノ酸
  • ビタミンB群

 

両成分ともアプローチこそ違えど、肝臓におけるアルコール代謝をサポートする栄養素です。

 

アルコールは代謝過程において、アセトアルデヒドという有害物質に変化します。そして、肝臓はこのアセトアルデヒドを無毒化する働きを担っています。

 

2つの成分は、アセトアルデヒドの無害化をサポートしてくれます。アセトアルデヒドが体に残るのが二日酔いになので、両成分を摂取することで対策となり得ます!

赤くなる?顔色対策

お酒を飲むとすぐに顔が赤くなって恥ずかしい思いをしている。女性なら赤くなって可愛い!と思われるかもしれませんが、男性ならちょっと恥ずかしいものですよね?

 

特に女性と一緒に飲む時など、すぐに顔が赤くなってしまうと、お酒を全然飲めないような印象を与えてしまって。。。なるべくなら顔が赤くならないようにしたい。

 

肝臓エキスは、顔が赤くなって困っている男性の味方にもなってくれるでしょう。

 

顔が赤くなるのは、アルコールから代謝されたアセトアルデヒドが血管を拡張するから。

 

拡張した血管に多くの血流が流れ、皮膚が薄いまぶたや顎、首など、皮膚から血管が透けて赤く見えるのです。

 

つまりアセトアルデヒドを素早く無害化することができれば、結果的に顔や顎が赤くなるのを抑制できるわけです。

 

そしてそのためには、肝臓の機能を高めれば良いという結論に至り、さらにそのためには肝臓エキスに含まれているようなビタミン B 群やアミノ酸の積極摂取が有効なわけです。

肝機能対策になるか?

残念ながら肝臓エキスに「直接的に肝機能を改善する効果はない」でしょう。あくまで肝臓エキスは動物のレバーなので・・・。

 

ただし肝臓エキスには、肝臓に良い食べ物として、すでに述べた通りアミノ酸やビタミン B 群などが豊富に含まれています。

 

つまり肝臓をいたわる成分構成なので、間接的には肝機能対策となり得ると考えられます。

 

「γ-GTP」 が高い方や「脂肪肝」の方も同様です。これらを直接的に改善する効果がありませんが、肝臓を保護するという観点からして、肝臓エキスはサポート的な役割を担うでしょう。

貧血対策になるか?

 

これについては「YES」と答えます。すでに述べたように、肝臓エキスには鉄分が含まれています。

 

食べ過ぎには注意が必要ですが、元々鉄分が不足しがちな女性にとっては、鉄分の補給となり貧血対策に心強いパートナーとなるでしょう。

疲労回復や目覚め対策になるか?

なりません。

 

なんとなく日々だるいとか疲れが抜けない、だるくて朝が起きられないといった悩みをお持ちの方は、オルニチンサプリの方が良いと思います。

 

オルニチンは、疲労の原因となるアンモニアを無毒化するサイクルを促進させる働きがあるため、お疲れ対策には肝臓エキスよりもオルニチンが良いです。

尿酸値が高い人は注意が必要

尿酸値が高い方は肝臓エキスの摂取には注意が必要です。 肉食は尿酸値を上げる要因の一つとなるので、動物のレバーも尿酸値を上昇させるリスクがあります。

 

もちろん適度に食べる分には問題ありませんが、過度に肝臓エキスを摂取することは避けた方が良いです。

肝臓エキスの摂取タイミング

肝臓エキスは薬ではないので、基本的にいつ摂取しても構いません。 ただ、アルコール対策の場合は飲むタイミングを調整した方が良いです。

 

ずばり摂取すべきタイミングは、アルコール摂取前です。

 

飲む時間が短時間であれば、飲酒後でもOKですが、長期戦になる場合は事前に肝臓エキスを摂取しておき、アルコールの分解に備える方が良いでしょう。

まとめ

  • 肝臓エキスは、肝臓の働きをサポートする成分が含まれる。
  • ゆえに、アルコール対策(二日酔いなど)には使える
  • 肝機能を改善する効果は無い
  • 肝臓の働きをサポートするので「結果的、間接的に」肝臓の数値対策にはなる

参考文献、サイト

肝機能対応素材 肝臓(レバー)エキス